趣味の読書で得られるもの

趣味の読書で得られるもの

趣味で麻雀をする場合のベタオリについて

趣味の読書で得られるもの
麻雀はトップを目指すゲームです。誰もが一位を目指して打ち回しています。しかし、いつでも和了を目指すというのはあまり賢い考え方ではありません。つまり、場合によってはベタオリをする必要があるというわけです。しかし、趣味で麻雀を始めたばかりの人は、このベタオリをすることができません。自分の手牌が良い場合には和了したくなる気持ちはわかりますが、基本的に大物手は和了するのに時間がかかります。ですから、相手が先にテンパイする可能性の方が高いのです。このようなときに意地を張って振り込んでしまっては意味がありません。今回は、正しいベタオリの方法について解説していきます。

趣味で麻雀を始めたばかりの人は、ベタオリというと現物を捨てる動作のみを指すと考えている場合が多いです。確かにこの考えは正しく、現物で振り込むということはありません。しかし、リーチしている人以外の人が闇テンだった場合にはそうはいきません。つまり、自分の前の人が通した牌のみが完全なる安牌になるわけです。さらに、字牌が3枚出ている場合も安牌になります。このようなことを理解した上で打ち回していけば、他家に振り込むことはかなり少なくなることでしょう。