趣味の読書で得られるもの

趣味の読書で得られるもの

趣味は多い方がいいか

趣味の読書で得られるもの
私にはいろんな趣味があります。楽器を弾くこと、石鹸作り、編み物、最近では日曜大工にもはまり出しています。どれもいつもやっているわけではありませんが、何か一つは日常で深く関わっています。冬になれば編み物をしたくなるし、お肌が気になったら自分のレシピで石鹸を作ったりします。趣味が実益に繋がったらさらに嬉しいと私は思っています。

これは日曜大工にも言えることで、日曜大工で窓を二重窓にしたりして、冬の防寒に役立ったり、夏の暑さを防いだり、実際の生活で役に立ったらさらにすばらしい趣味だと私は思います。日常で役に立たないことでも、自分のストレス発散になるだけで趣味はあった方がいいでしょう。

ただ、あまり高額な趣味だとちょっと考えてしまいますね。やっぱり余裕のある中で楽しめるものがいいと思います。そして、役に立つものであればさらに素晴らしい。これからは実益を兼ねた趣味を増やしたいなと考えています。特に、老後になった時、何か自分に合う趣味があったらいいですよね。家で過ごす時間が増えたとき、自分のために使う時間をどうするのか、考えてみてはどうでしょうか。あまり趣味が増えるとどれも中途半端になりますので、特に自分に合う趣味を二つか三つ持てたら素敵ですね。

イチオシサイト