趣味の読書で得られるもの

趣味の読書で得られるもの

お茶全般が趣味の私が紅茶を語る

趣味の読書で得られるもの
私はコーヒーを良く飲みますが、たまに無性に紅茶が飲みたくなる時があります。静岡県で育ったこともあり、お茶全般については好きで趣味といえるでしょう。紅茶は私の中では上位にランキングされる飲み物です。紅茶というのはお茶の葉っぱと芽を乾燥させ、それをもみ込んで発酵させます。完全に発砲させることがポイントです。こうして出来上がったものが紅茶の葉っぱになります。

紅茶と言って多くの人がイメージするのはイギリスではないでしょうか。貴族の昼下がりの紅茶というイメージが強いです。実際に今でも世界で最も紅茶を飲むのはイギリス人だそうです。昔イギリスのコッツヲルズという小さな街に観光に行った時に、その街の中にある喫茶店でお菓子を食べながら紅茶を飲んだのを思い出します。その街は古き良きイギリスを残す街だったので非常に鮮明に記憶に残っています。

しかし、日常生活ではそんなにおしゃれに飲むことはありません。ティーバックをカップに入れてお湯を注ぐというインスタントスタイルで飲むことがほとんどです。紅茶の持っている歴史や文化をもっと感じようとするなら茶葉からしっかりと紅茶を入れた方がいいのでしょう。紅茶の葉を入れる道具を買って本格的に紅茶を楽しむことを始めようかなと思います。