趣味の読書で得られるもの

趣味の読書で得られるもの

クロスワードを趣味とする魅力

趣味の読書で得られるもの
クロスワードを趣味としている人というのは、意外と多くいます。私もその一人ですが、そのせいかとても知的好奇心が強いです。そこでクロスワードを趣味とする魅力を紹介します。そもそもクロスワードというのは、カギと呼ばれる文章のヒントから、タテヨコに交差したマスに言葉を当てはめて、空白のマスを言葉で埋めていくパズルです、誰もが一度はやったことがあると思います。この単純なルールのパズルを解くには、柔軟な思考力が求められます。

そして、幅広い雑学と日本語を知っていなければいけないので、ボキャブラリーが自然と増えていきます。また、答えが分からない問題のマスであっても、他の解答から得られた、断片的な単語によって直感が働いて答えをひらめくこともあります。このひらめいたときの喜びが快感となって、知らず知らずのうちにゲームに夢中になってしまいます。これは脳の活性化にはもってこいの頭の体操ではないでしょうか。クロスワードパズルを始めるには、500円程度の最新の専門雑誌と鉛筆を一本用意するだけ十分です。初心者であれば、一冊を終わらせるのに相当な日数がかかりますが、得られる喜びと知識の量は驚くものがあると思います。実にすばらしいコストパフォーマンスの高さですよね。正にシンプル・イズ・ベストな皆さんにおすすめしたい趣味です。